取引口座の開設

金融商品を売買するためには最初に総合口座を開設する必要があります。これはどこかの証券会社を選んで、口座を作ることになりますが、しっかりと自分が投資をしたい商品があるかどうかを確認すること、そしてそれぞれの投資商品の取引手数料をチェックしておくなど、内容を比較することがポイントです。このようにして口座を作れば、その後は取引口座を開設することになります。株式に投資をするなら株式の口座が必要ですし、信用取引をするならその口座が必要です。自分が投資をしたい口座が必要となり、総合口座だけでは取引を始めることができないので、これはしっかりと把握しておきたい知識です。では、総合口座は何のためにあるのかと言いますと、取引をするためには資金が必要ですが、自分の投資資金は総合口座で管理をすることになります。ここに資金を入れておき、投資をしたい商品の口座に資金を移して取引をするという流れになります。それぞれの投資商品での損益に関しても総合口座でしっかりと確認をして管理をすることができるようになっています。資金を出したいときも一度総合口座に移して、そこから指定の銀行口座に移すという流れになるので、これも覚えておく必要があります。

Comments are closed.