取引時間と営業時間

株式の取引では取引時間と営業時間を把握しておく必要があります。今ではインターネットから取引をすることができるので、営業に関してはそれほど気にする必要はなく、24時間いつでも証券会社のホームページから自分の資金や株式の銘柄などを見ることが出来ます。取引の時間に関しては基本的に市場が開いているときでなければ取引をすることができません。祝日や休日は市場が閉まるので、平日において取引をする必要があります。平日では24時間いつでも取引可能ではなく、朝から夕方までが基本的な取引の時間になります。そして、夜間になると市場は閉まるわけですが、PTSとして夜間取引をすることが出来ます。夜間に取引をすることができるので、会社での仕事が終わってから帰宅して、ゆっくりと投資をすることが可能です。しかし、一つだけ注意をするべきことは、夜間になると日中よりもかなり出来高が減ってしまうので、よほど注目度の高い銘柄でなければ相場が変動しないことはよくあります。日中に約定しそこねた場合など夜間でも売買することは可能なので、必要であれば夜間取引を活用してみると良いです。しっかりと取引や営業の時間を把握してから投資をすることが基本です。

Comments are closed.